FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2011 101234567891011121314151617181920212223242526272829302011 12

【  2011年11月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

PageTop▲

三十四話『マリン洗われる?』(*)

まんどらたん組曲

2011.11.30 (Wed)

 『ば‥バカ‥そんな‥恥ずかしいこと言うな‥』(マリン・タリン)...全文を読む

PageTop▲

その47『お前が全然‥わからねぇ!』

ショート・ショート

2011.11.27 (Sun)

 「ねぇ、テナ‥私、あなたに言いたい事が‥あるんだ」ジュノにある、レンタルハウス‥その一室で、俺は女の子と向かい合って座っている。ん?いつの間に女の子連れ込んだんだ、だって?そんなのどうでもいいじゃねぇか‥過程は大事だが、こだわりすぎちゃ‥だめだぜ。で‥今、彼女は恥ずかしそうに言葉を詰まらせる。‥よっぽど恥ずかしいんだろうな、さっきからずっと俯いたままだ。そんな彼女の様子を可愛らしいと思いつつ‥俺はただ黙っ...全文を読む

PageTop▲

三十三話『またしても浴室で?』

まんどらたん組曲

2011.11.23 (Wed)

 『ふっふっふ~っ。それではみなさんお待ちかねの‥』(アタリナ・カタリナ)...全文を読む

PageTop▲

その46『俺にそこまでさせるのか!』

ショート・ショート

2011.11.20 (Sun)

 「なんで風呂入る必要があるんだよ?」あれから‥ジュノの路上で「おなにーって何だ?」なんて、こっぱずかしい事をフリッパが言ってから‥俺は慌ててフリッパをレンタルハウスへと連れ込んだ。‥全く、恥ずかしいったらありゃしねぇ。そりゃ、意味を知らないフリッパにとっちゃ、何でもないことなんだろうがよ‥。で、だ。とりあえず‥言葉で上手く説明できる自信は無ぇ。だったら‥実践で教えるしかねぇだろ。だから、俺はフリッパに言...全文を読む

PageTop▲

三十二話『宴とラルテと?』

まんどらたん組曲

2011.11.16 (Wed)

 『あ‥はい、みなさん‥あの‥改めて、よろしく‥です』(ラルテ・サタラルテ)...全文を読む

PageTop▲

その45『なんでお前はそうなんだ!』

ショート・ショート

2011.11.13 (Sun)

 「シュトルムヴィントぉ~ッ!」俺はかけ声と共に、モンスターめがけて得物‥雷斧を振り回す。まずは左右一閃薙ぎ払い‥そしてとどめとばかりに上からたたきつけるように‥斬る!‥そう、両手斧を(今のところ)代表するウェポンスキル・シュトルムヴィントだな。その斧の軌跡に、周囲には竜巻がわき起こる‥様に見えるが、まぁそれは幻だ。でも、威力は格別‥今相手にしてるソルジャークロウラーなんざ、敵じゃない。‥まぁ、詩人さんに...全文を読む

PageTop▲

三十一話『仲間と助けと?』

まんどらたん組曲

2011.11.09 (Wed)

 『ああ、でも‥やっぱり言わせてくれよ。‥ありがとう、みんな』(マリン・タリン)...全文を読む

PageTop▲

その44『スィーツと生クリームとタルタルと 後編』

ショート・ショート

2011.11.06 (Sun)

 「ん‥遅いな、ナロン‥」マッシュは椅子に座ったまま、一人呟く。中身をとっくに飲み干してしまったカップを弄びつつ‥ナロンが戻ってくるのを待っている。キッチンに消えたナロンを待ち始めて、早数分。その時間だけを見ると、さほど長くは無いものだが‥何もせずにただ待っているだけ‥という状況が、マッシュにとっては時間の経過を遅く感じさせる要因になったようだった。最初こそ、時折キッチンからは「ガタガタ」という物音が聞...全文を読む

PageTop▲

三十話『想いと気持ちと?』

まんどらたん組曲

2011.11.02 (Wed)

 『‥ヒドイ、マリン‥そんな‥自分に嘘をついちゃだめだよ‥!』(アタリナ・カタリナ)...全文を読む

PageTop▲

前月     2011年11月       翌月

Menu

プロフィール

らてぃお

Author:らてぃお
らてぃおと申します。
FFXIは既に引退しておりますが、タルタル好きは相変わらず。
タルタル♂達のおはなしを書き続けています。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。