FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2012 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312012 11

【  2012年10月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

PageTop▲

その96『カザムの夜 その2』

ショート・ショート

2012.10.31 (Wed)

 あらすじ冒険者であるスレイは、自分の腕を磨くため、初めてカザムへとやってきた。しかしそこで、同い年くらいのタルタル族の男性・メリクと出会う。「身体を売る者達」の中に居たメリクは、スレイと「一晩の契約」を結び‥スレイの宿へ。しかし、そこでスレイはメリクを抱こうとはしなかった。翌日もメリクと契約するスレイだったが‥昨日と同じ様に抱かず、風呂とマッサージ、そして添い寝‥といった程度の事しかさせなかったのだ...全文を読む

PageTop▲

21話『あますず祭り・第二夜』

星芽寮交響曲

2012.10.28 (Sun)

 8月13日 昼 ...全文を読む

PageTop▲

その95『カザムの夜』

ショート・ショート

2012.10.24 (Wed)

 「ここがカザム‥か」エルシモ島に存在する港町、カザム。初めてその地に降り立った少年‥いや、少年に見える種族・タルタル族の男は、ぽつりとそう呟いた。誰か同行者が居る訳でも無く、一人旅。飛空艇内の乗客も少なく、話し相手なども居る筈が無い。‥そもそも本人が「お喋り」を望んでいない‥という事もあるのだろうが‥それ以前に。例え乗客が居たとしても、彼は話しかけられる事など無かった‥かもしれない。まるで(他種族で言う...全文を読む

PageTop▲

20話『あますず祭り・第一夜』

星芽寮交響曲

2012.10.21 (Sun)

 8月12日 夕方 ...全文を読む

PageTop▲

その94『三○○ その5』

ショート・ショート

2012.10.17 (Wed)

 あらすじぼくはネイン・レイン‥通称ネイン、タルタル族の男の子で、14歳。同じくタルタル族の男の子の、リス、ジェルドの二人とはとっても仲良しなんだ。ぼく達は子供の頃から、冒険者となった今まで、ずっと一緒に過ごしてきたんだけど‥ある日、ぼくはリスとジェルド、二人がえっちをしている所を見て、更には二人から告白されてしまった。その後、ジェルドのレンタルハウスに連れてこられたぼくは、とうとう二人とキスをして、...全文を読む

PageTop▲

19話『祭の誘い』

星芽寮交響曲

2012.10.14 (Sun)

 8月4日 昼  ...全文を読む

PageTop▲

その93『三○○ その4』

ショート・ショート

2012.10.10 (Wed)

 あらすじぼくはネイン、タルタル族の男の子で、14歳。同じくタルタル族の男の子の、リス、ジェルドの二人とはとっても仲良しなんだ。ぼく達は子供の頃から、冒険者となった今まで、ずっと一緒に過ごしてきたんだけど‥ある日、ぼくはリスとジェルド、二人がえっちをしている所を見て、更には二人から告白されてしまった。その後、ジェルドのレンタルハウスに連れてこられたぼくは、とうとう二人とキスをして、そして‥こう言われた...全文を読む

PageTop▲

18話『それぞれの悩み』

星芽寮交響曲

2012.10.07 (Sun)

 7月27日 昼 ...全文を読む

PageTop▲

その92『三○○ その3』

ショート・ショート

2012.10.03 (Wed)

 あらすじぼくはネイン、タルタル族の男の子で、14歳。同じくタルタル族の男の子の、リス、ジェルドの二人とはとっても仲良しなんだ。ぼく達は子供の頃から、冒険者となった今まで、ずっと一緒に過ごしてきたんだけど‥ある日、ぼくはリスとジェルド、二人がえっちをしている所を見てしまったんだ。ぼくは居ない方がいいのかも‥とも思ったけど、二人からは「ぼくの事が好きだ」って言われて。そして、ジェルドのレンタルハウスに連...全文を読む

PageTop▲

前月     2012年10月       翌月

Menu

プロフィール

らてぃお

Author:らてぃお
らてぃおと申します。
FFXIは既に引退しておりますが、タルタル好きは相変わらず。
タルタル♂達のおはなしを書き続けています。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。